「私の信念は」

私の信念は「みっともないことをしない」ということです。
少し抽象的な言い方に聞こえるかもしれません。とにかく、人から見て「あの人、みっともない」と思われることをしないという意味です。例えば、基本的なことですが、まず服装です。TPOに合せた服装を心がけて、その場の雰囲気にきちんと馴染むこと。人から浮いていると思われないことが重要です。
「みっともない」とはとても広い意義があると思います。ただ人から注目されないでひっそりしていることとは違います。スーパーのタイムセールやデパートのバーゲンセールなどで人混みをかき分けて「我先に」と行動することは私にはみっともないことに思えます。自分中心のわがままは外から見たらみっともないことです。ビュッフェで食べ物を取り過ぎて残すのも欲張りでみっともないことですし、人から親切にされてお礼を言えないのもみっともないことです。このように日常のなかにみっともないことはたくさんあります。そういうことをしないで、毅然と生きて行くのが私の理想の生き方です。
【mimacoon 49歳】ストラッシュ(STLASSH)割引を使って予約したときの割引料金

仕事に対するわたしの信念

私が介護の仕事に携わってから、もう9年ほどになります。小さい頃からずっとおばあちゃんっ子で、医療・福祉の仕事に興味があったので、私にとって介護職は天職だと思っています。自分にとっての理想の介護とは、どんなに忙しくても相手の話を聞いて気持ちに寄り添うこと、自分本位じゃなくて相手のことを考えて介護をしていくことです。それが現場ではなかなか実現できないのが現状で、介護は精神的にも体力的にも大変な仕事なのですが、それゆえに言葉の暴力や介助が乱暴になってしまったり、冷たい態度をしてしまう職員も少なくありません。それでも、自分だけはその信念を貫こうと思ってずっとこの仕事を続けています。もちろん辛いことも嫌なこともありますが、やっぱり自分はお年寄りが好きだなというのもありますし利用者は皆さん自分の人生の大先輩です。可愛らしい一面もあれば学ばせてもらうこともたくさんあります。大好きな仕事だからこそ、これからも強い意志を持って理想の介護をするべく頑張っていこうと思います。プリートの割引クーポンについて調べる方はこちら

三束のわらじ

私の信念は「何事にも手を抜かない」ことです。一度やると決めたからには中途半端に投げ出すことなく、最後までやり遂げます。高校受験、大学受験も志望校を決めてからは一心に勉強し、見事志望校に入学出来ました。そして社会人になり、結婚して二児の母親になった現在もその信念は揺らぐことはありません。結婚前から働いていた病院で現在も薬剤師として働いています。子供の頃から憧れていた職業だったので定年まで勤める覚悟です。しかし家事や育児も決して疎かにすることはありません。仕事にも家事にも育児にも100%で取り組んでいます。夫はたまには手を抜いて体の力を抜くことも大事だと言いますが、どうしても手を抜くことに罪悪感を感じてしまいます。どれも人に強制されてやっているわけではありません。自分がやりたいと強く願ってやっていることだからこそ、手を抜きたくないのです。どんなに仕事が忙しくても子供達には手料理を食べさせ、一緒にお風呂に入り、寝かしつけまでたくさん話をするようにしています。家も毎日隅々まできれいに掃除は出来ませんが清潔に保つように努力しています。どんなに仕事で疲れていても、子供達のために家事を頑張ろうと思えるし、夫と子供と触れ合っていると、家族のために仕事を頑張ろうという意欲が湧いてきます。ですから私は今もこれからも、自分の信念に基づいて仕事人、妻、母親と三束のわらじを続けていくのです。楽器を売る方法を知りたい方はこちら

信念を持つライフスタイルとは

信念を持つようになった40代からは、ぶれることなく自分で決めたライフスタイルを維持するようにしたので、無理なく生活できるようになりました。信念を持つことは、とくに難しいことではなく、普段の生活の中でルールを決めているので、買い物する際にも必要かそうでないかなど、色々と考えながらショッピングするようになり、不要なものを買わなくなりました。以前はショッピングでは、SALE品など安いと沢山買って損することもありましたが、今はそういうこともなくストレスフリーにて生活できるようになりました。
信念を持って生活しているので、自分にとって必要なものは年齢に関係なく、何でもチャレンジしながら仕事・育児・家事など無理ない範囲で取り組むようにしているので、楽しく過ごせるようになりました。ちょっと難しいことでも、チャレンジすることで新しい扉を開くことができますし、色々と幅広く開拓できるので楽しい毎日を過ごせるようになりました。
【チャコママ・43歳】もっと詳しく知りたい方はこちら