揺るぎない信念

私の信念は、「自分に正直に生きる」です。
今のご時世、価値観は多様化し、千差万別の価値感があって、何が自分にとってのベストなのかはその人自身が選びとっていけるのではないでしょうか?
私は、そんな時代だからこそ、自分の今あるべき姿がどうありたいか、どうなっていきたいのか、常に自問自答して、自分の答えを見出して行く必要があるのではないかと考えています。
特に、自分自身のことを誰かに相談することは有効で、信頼の置ける人に話をすると自分自身の発する言葉の中にヒントが隠れていて、それに気づくことによって、自分がどうしたいのか分かってきます。
なので、私はよく人に話をします。
私自身が気づきを沢山もらえるからです。
そしてまた、その時には自分だけの考えだけではない他者の考えも介入されます。
相談すれば当然、話した相手の反応や考えがあるからです。
自分一人だけの考えに凝り固まらず、自分自身が正直にどうありたいかを見定めて行く助けを得る事が出来ます。
しかし、いつ何時も自分自身に正直に生きていけないのも現実です。
自分の思いだけを貫き通せばワガママになります。
だからこそ、その信念が自分だけのものであってはならないのです。津田沼脱毛が安い料金で予約できるところはこちら

「私の信念は」

私の信念は「みっともないことをしない」ということです。
少し抽象的な言い方に聞こえるかもしれません。とにかく、人から見て「あの人、みっともない」と思われることをしないという意味です。例えば、基本的なことですが、まず服装です。TPOに合せた服装を心がけて、その場の雰囲気にきちんと馴染むこと。人から浮いていると思われないことが重要です。
「みっともない」とはとても広い意義があると思います。ただ人から注目されないでひっそりしていることとは違います。スーパーのタイムセールやデパートのバーゲンセールなどで人混みをかき分けて「我先に」と行動することは私にはみっともないことに思えます。自分中心のわがままは外から見たらみっともないことです。ビュッフェで食べ物を取り過ぎて残すのも欲張りでみっともないことですし、人から親切にされてお礼を言えないのもみっともないことです。このように日常のなかにみっともないことはたくさんあります。そういうことをしないで、毅然と生きて行くのが私の理想の生き方です。
【mimacoon 49歳】ストラッシュ(STLASSH)割引を使って予約したときの割引料金

仕事に対するわたしの信念

私が介護の仕事に携わってから、もう9年ほどになります。小さい頃からずっとおばあちゃんっ子で、医療・福祉の仕事に興味があったので、私にとって介護職は天職だと思っています。自分にとっての理想の介護とは、どんなに忙しくても相手の話を聞いて気持ちに寄り添うこと、自分本位じゃなくて相手のことを考えて介護をしていくことです。それが現場ではなかなか実現できないのが現状で、介護は精神的にも体力的にも大変な仕事なのですが、それゆえに言葉の暴力や介助が乱暴になってしまったり、冷たい態度をしてしまう職員も少なくありません。それでも、自分だけはその信念を貫こうと思ってずっとこの仕事を続けています。もちろん辛いことも嫌なこともありますが、やっぱり自分はお年寄りが好きだなというのもありますし利用者は皆さん自分の人生の大先輩です。可愛らしい一面もあれば学ばせてもらうこともたくさんあります。大好きな仕事だからこそ、これからも強い意志を持って理想の介護をするべく頑張っていこうと思います。プリートの割引クーポンについて調べる方はこちら

三束のわらじ

私の信念は「何事にも手を抜かない」ことです。一度やると決めたからには中途半端に投げ出すことなく、最後までやり遂げます。高校受験、大学受験も志望校を決めてからは一心に勉強し、見事志望校に入学出来ました。そして社会人になり、結婚して二児の母親になった現在もその信念は揺らぐことはありません。結婚前から働いていた病院で現在も薬剤師として働いています。子供の頃から憧れていた職業だったので定年まで勤める覚悟です。しかし家事や育児も決して疎かにすることはありません。仕事にも家事にも育児にも100%で取り組んでいます。夫はたまには手を抜いて体の力を抜くことも大事だと言いますが、どうしても手を抜くことに罪悪感を感じてしまいます。どれも人に強制されてやっているわけではありません。自分がやりたいと強く願ってやっていることだからこそ、手を抜きたくないのです。どんなに仕事が忙しくても子供達には手料理を食べさせ、一緒にお風呂に入り、寝かしつけまでたくさん話をするようにしています。家も毎日隅々まできれいに掃除は出来ませんが清潔に保つように努力しています。どんなに仕事で疲れていても、子供達のために家事を頑張ろうと思えるし、夫と子供と触れ合っていると、家族のために仕事を頑張ろうという意欲が湧いてきます。ですから私は今もこれからも、自分の信念に基づいて仕事人、妻、母親と三束のわらじを続けていくのです。楽器を売る方法を知りたい方はこちら

信念を持つライフスタイルとは

信念を持つようになった40代からは、ぶれることなく自分で決めたライフスタイルを維持するようにしたので、無理なく生活できるようになりました。信念を持つことは、とくに難しいことではなく、普段の生活の中でルールを決めているので、買い物する際にも必要かそうでないかなど、色々と考えながらショッピングするようになり、不要なものを買わなくなりました。以前はショッピングでは、SALE品など安いと沢山買って損することもありましたが、今はそういうこともなくストレスフリーにて生活できるようになりました。
信念を持って生活しているので、自分にとって必要なものは年齢に関係なく、何でもチャレンジしながら仕事・育児・家事など無理ない範囲で取り組むようにしているので、楽しく過ごせるようになりました。ちょっと難しいことでも、チャレンジすることで新しい扉を開くことができますし、色々と幅広く開拓できるので楽しい毎日を過ごせるようになりました。
【チャコママ・43歳】もっと詳しく知りたい方はこちら

努力を惜しまず、全力でぶつかり、他人のせいにしないこと

私の信念は、努力を惜しまず何事にも全力でぶつかり、例えうまくいかずとも他人のせいにしないことです。
努力をしても報われないという考えもありますが、必ず努力したぶんは自分に何らかの形でかえってくると思っています。
保育士をしていた時、落ち着きがなく他の友達に暴力をふるってしまう子供がいました。問題視され、他の保育士もお手上げ状態であまり積極的に関わりを持とうとしていませんでした。
しかし、この子供に全力でぶつかり私がかけられるだけの愛情を注ぎました。時には厳しく叱ったこともあります。
でも、見放すことはできませんでした。私にまで暴力を繰返し、その子供に私の気持ちが伝わっているのかわからず本当にうまくいかず落ち込んだ時もありました。でも、1年ほど経った時、その子供が私の手を握ってきたんです。グシャグシャになった折り紙をそっと握らされました。中を見ると、覚えたてのひらがなで「せんせいだいすきだよいつもありがとう」と書かれていたんです。
涙がとまりませんでした。
彼から全力でぶつかり諦めないことの大切さを学んだんです。ダイエットエステのランキングはこちら

わたしの信念は自分にうそをつかないこと

学生時代のアルバイト先で、先輩と話をしていたときのことです。前日に台所や洗面所から流れる汚水についてのテレビ番組を見て、それについての感想を話していたのですが、わたしは「地球が汚染されていくのはイヤですね」というようなことを言いました。すると先輩はわたしに向かって「そう思ったのならば、そう思っている行動をしないといけない」と言いました。
そして、それを聞いたとき、わたしは全くその通りだなあと軽いショックを覚えました。
今までいろいろなニュースを見て感じたことがあって、自分なりの意見を持ってきたつもりでしたが、はたして行動が伴っていたのかと自分を反省したのです。
例えば、わたしはポイ捨てはいけないと思っています。そのため、散歩などで道を歩いているときにゴミを見つけると拾うようにしています。そして友達などがタバコのポイ捨てをしようとしたときはそれを注意します。
自分にうそをつかないこと、それがわたしの信念です。

ニックネーム ゆうこ 35歳https://datumou-site.com/

信念は、自分の考え次第!

「信念を貫く??」となると、なかなか難しいと思います。
もちろん、強い信念を持って行動し、有言実行の人は素晴らしいです。
でも、誰しも思い通りの人生は送れないし、何より、「人生そんなに甘くも、運良くも、幸せにもいかない??」
結婚するまでは、「自分さえしっかりとした信念を持って行動すれば、なんでも達成できる??」と思っていたし、現にある程度は予定通りでした。
しかし、結婚して相手がある生活は、ペースが乱れてばかり。大人相手でも思うようにいかないのに、子供が生まれてからは、まったく予定通りに行きません。
年齢を重ねれば、親のことで、生活ペースやお金に関することも、予定外な問題ばかり。
でも、周りがどうこうより、結局はどんな状況下であっても、自分の中に「なりたい自分!曲げたくない気持ち!」があれば、時間はかかるし、思い描いた通りではないけど、自分が納得しながら進んでいけるように思います。
それが「自分の信念」だと思います。

mayato00 42歳詳細はこちら

これだけは達成したい

私は最近離婚しました。

元夫の性格があまりにも酷いからです。

元夫は友達が1人もいなく、それが自分のせいではなく、周りの人達が良くないからだ、と考えるタイプで、自分本意な人でした。

嫌なことは後回しで、全部を人のせいにし、怒りっぽく、真実からは逃げてばかりでした。

そんな元夫の血を引く息子が元夫に似ているので、なんとしても元夫のような人間にならないようにすることが私の信念になりました。

もって生まれた性格は中々変えられないと思います。
私も普段は明るく、友達にも恵まれていますが、根暗です。

明るく考えようとはしますが、私なんて…と暗く考えがちです。

しかし息子はこれからが人格形成されていく大事な時期ですから、大切な事から逃げない、人の気持ちを大切にする、といった事を考えられる人になって欲しいです。
そしてたくさんの良い友達に囲まれていて欲しいです。

絶対に元夫のような人間にはしたくないです。

それが私の信念です。

キリンちゃん 36歳ソシエ予約について詳しく知りたい方はこちら